雨漏り修理で家改善【快適ホーム・リペア】

美しい住まい

今後の動向についてはどうか

エクステリアの工事は年数が経過した中古住宅を購入した場合や新築住宅を購入して10年以上が経過した場合には必要になってきます。 エクステリア工事には2つの側面があります。一つは美観を維持するという面です。もう一つは家の老築化を防ぐとともに寿命を長くする面です。特に後者は大事です。 木造住宅では家の寿命は30年と言われていますが、実はそんなことはなく100年も持つと言われています。もちろん使っている素材が杉やヒノキの場合が特に長持ちするということもありますが、そうでなくてもメンテナンス次第では50年は持ちます。柱などで使われている木は湿気に弱いため、エクステリアがぼろぼろだと湿気が入りやすくなり、しかも空気の循環があまりない壁の中は徐々に湿気にやられてしまうのです。

注意をするべき点とは

エクステリア工事の場合は、どこに依頼をすればいいでしょうか。一つは工務店におねがいをすることです。 工務店にも様々な種類がありますが、多くの工務店は下請けなどを使わずに直接工務店がエクステリアの工事をします。ただ、工務店の場合は、それぞれ専門がありますので、その点をよく見極めて選びましょう。 もう一つがハウスメーカーです。ハウスメーカ−の特徴は幅広くエクステリア工事ができる点です。ただし、ハウスメーカーはCMやチラシなど広告をたくさん打ち、しかもモデルルームを所有しているなど莫大な費用も掛かっています。しかもリフォーム工事は下請けが行うなど中間マージンが発生するため価格が工務店よりも高くなる傾向があります。